本文へ

ブログ

捻挫再発予防(屋外競技向け)テーピング クロスリボン&スプリット

「クロスリボン&スプリット」とは、足首の底屈・背屈に自由度がある、屋外競技向けのテーピング方法です。 クロスリボンのテープが、足首の底屈・背屈の自由度を可能にします。最後にスプリットテープで仕上げ、3つの外側靭帯……

続きを読む

捻挫再発予防(室内競技向け)テーピング Vロック&フィギュアエイト

「Vロック&フィギュアエイト」とは、内反・外反捻挫の 再発予防のためのテーピング・テクニックです。足首の底屈・背屈の自由度があり、捻挫再発予防(室内競技)に向いています。 スターアップテープ、フィギュアエイトの基本形に、……

続きを読む

捻挫再発予防(室内競技向け)テーピング フィギュアエイト&スプリット

「フィギュアエイト&スプリット」とは、しっかりとした足関節固定、 内反・外反捻挫予防のためのテーピング方法です。室内競技にお勧めです。 固定強度の高い足関節固定。スターアップテープ、フィギュアエイトテープ、仕上げ……

続きを読む

プロ野球を斬る

  プロ野球はキャンプが終わり、オープン戦による調整の最終段階に突入した。プロ野球の歴史は古く、1934年に大日本東京野球倶楽部として現在の読売ジャイアンツ(以下巨人)が誕生した後、1936年に現在の形のペナン……

続きを読む

足首の最終回・足首の遠位脛腓靭帯捻挫(えんいけいひじんたいねんざ・ハイアンクルスプレイン)

遠位脛腓靭帯捻挫(ハイアンクルスプレイン)の症状 強制的に足が下腿(膝と足首の間の部分)に対して外側に過度に捻じれたり上方向に屈曲してしまうと、下腿を構成している脛骨と腓骨を繋げている遠位脛腓靭帯(図1)に損傷が生じてし……

続きを読む

足首の外反捻挫

足関節外反捻挫の症状 運動中に生じる最も多い足首の捻挫は、足を内側に捻ってしまい生じる内反捻挫(内反捻挫のコラム参照)です。 しかし、足首を外側に捻ってしまい、三角靭帯と呼ばれる足首の内側の関節の安定性を保っている靭帯を……

続きを読む

より足首のねじれを防ぐテーピング「フィギュアエイト」

「フィギュアエイト」は足首の全体的なねじれの安定性を高めるテーピングです。 足首のコントロールタワーである距骨の前方へのズレを抑えます。 スポーツの種類や足首の状態に合わせて。「ヒールロック」や「Vロック」と合わせて使い……

続きを読む

最近チェックした製品 RECENTLY VIEWED

サポート強度

ジャンパーズニーストラップ(リニューアル版)

1,300(税抜)

新デザイン!ジャンパーズニー、オスグッドに最適。成長期のジャンプ運動競技に。

サポート強度

LITEアンクルブレイス

2,980(税抜)

トップアスリートからビギナーまで幅広く使用できる2色の足首サポーター

ウォーターボトル シュアショット

900(税抜)

ミューラー独自のウォーターボトル

AT PROシリーズ メディキット ミュール

65,000(税抜)

沢山のツールを整頓して収納でき、背負ってよし、引っ張ってよし、いっぺんに運べる

AT PROシリーズ メディキット オムニ

60,000(税抜)

緊急時にアスレティックトレーナーが必要なツールを迅速に巧みに配備できるよう設計