本文へ

腸脛靭帯のためのテーピング

動きの中での、擦れによる腸脛靭帯の痛みを軽減するテーピング方法です。

ランニング中にひざ外側で起こる痛みに対して、交差する2本目のテープが、腸脛靱帯の横ブレを抑えます。

このテーピングには、ミューラー ストロングストレッチテープ JPプラス を使います。

ストロング ストレッチ テープ JPプラス

非伸縮のホワイトテープ、伸縮テープの両方の機能を合わせ持つた次世代のテープが誕生!

 

①テープの裏の紙を約2cmほど剥がします。

 

②ひざ外側のひざ下からテープをスタートします。

 

③足と同じ方向に引き上げます。

 

④20%の張力で貼り付けます。

 

⑤テープ下の腸脛靭帯を引き上げるように貼り付けます。

 

⑥足の内側に貼り付けていきましょう。

 

〈 監修・撮影協力 〉
医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院 アスレティックトレーニング部

最近チェックした製品 RECENTLY VIEWED

サポート強度

ジャンパーズニーストラップ(リニューアル版)

1,300(税抜)

新デザイン!ジャンパーズニー、オスグッドに最適。成長期のジャンプ運動競技に。

サポート強度

LITEアンクルブレイス

2,980(税抜)

トップアスリートからビギナーまで幅広く使用できる2色の足首サポーター

ウォーターボトル シュアショット

900(税抜)

ミューラー独自のウォーターボトル

AT PROシリーズ メディキット ミュール

65,000(税抜)

沢山のツールを整頓して収納でき、背負ってよし、引っ張ってよし、いっぺんに運べる

AT PROシリーズ メディキット オムニ

60,000(税抜)

緊急時にアスレティックトレーナーが必要なツールを迅速に巧みに配備できるよう設計