本文へ

ブログ

手首のケガやその予防方法

私たちの手首は、前腕部分で橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の二つの骨と根元部分の8つの小さな手根骨(しゅこんこつ)により構成されています(図1)。 図1.手首を構成する手根骨と前腕の骨(尺骨と橈骨)。Wikimedi……

続きを読む

足首の最終回・足首の遠位脛腓靭帯捻挫(えんいけいひじんたいねんざ・ハイアンクルスプレイン)

遠位脛腓靭帯捻挫(ハイアンクルスプレイン)の症状 強制的に足が下腿(膝と足首の間の部分)に対して外側に過度に捻じれたり上方向に屈曲してしまうと、下腿を構成している脛骨と腓骨を繋げている遠位脛腓靭帯(図1)に損傷が生じてし……

続きを読む

足首の外反捻挫

足関節外反捻挫の症状 運動中に生じる最も多い足首の捻挫は、足を内側に捻ってしまい生じる内反捻挫(内反捻挫のコラム参照)です。 しかし、足首を外側に捻ってしまい、三角靭帯と呼ばれる足首の内側の関節の安定性を保っている靭帯を……

続きを読む

令和最初の夏に感じること

令和最初の夏は、7月中旬までの日照不足から打って変わって猛暑が続いています。連日体温並みの気温に辟易している人が多いのではないでしょうか。8月頭にJ2の解説をする為に金沢を訪れましたが、関東同様に35度近くあり、日本列島……

続きを読む

なでしこジャパンを斬る!

今年は、4年に1度のFIFA女子ワールドカップがフランスにて開催されました。澤穂希選手が引退後、初のワールドカップで日本がどのような戦い方をするのか注目した人は多いと思います。なでしこジャパンの大会前時点でのFIFAラン……

続きを読む

番外編 ゴルフXトリガーポイント

トリガーポイント×ゴルフ グリッドフォームローラーで筋膜リリースをするとドライバーは伸びるのか?   数多くのアスリートに愛用されている「グリッドフォームローラー」。筋膜リリース(筋骨格内の筋膜の癒着を剥がして……

続きを読む

スプリットテーピングの補強に「ホースシューテープ」

「ホースシューテープ」は、患部に巻いた「スプリット」をより安定させる、補助的なテーピングです。 「スプリット」テーピングの補強として併用すると、より安定性が増します。   ①~②アルファベットのUの字の形テープ……

続きを読む

より足首のねじれを防ぐテーピング「フィギュアエイト」

「フィギュアエイト」は足首の全体的なねじれの安定性を高めるテーピングです。 足首のコントロールタワーである距骨の前方へのズレを抑えます。 スポーツの種類や足首の状態に合わせて。「ヒールロック」や「Vロック」と合わせて使い……

続きを読む

足首の捻挫予防の応用編「ヒールロック」

「ヒールロック」は「Vロック」の応用編で、関節の固定性をより高めたテーピングです。 2本の螺旋形のテープで、足首の捻じれを安定させます。   ①~③すねの中心部より螺旋系にアキレス腱側に引き、足底を通過して甲側……

続きを読む

プロ野球を斬る

  プロ野球はキャンプが終わり、オープン戦による調整の最終段階に突入した。プロ野球の歴史は古く、1934年に大日本東京野球倶楽部として現在の読売ジャイアンツ(以下巨人)が誕生した後、1936年に現在の形のペナン……

続きを読む

足首の最終回・足首の遠位脛腓靭帯捻挫(えんいけいひじんたいねんざ・ハイアンクルスプレイン)

遠位脛腓靭帯捻挫(ハイアンクルスプレイン)の症状 強制的に足が下腿(膝と足首の間の部分)に対して外側に過度に捻じれたり上方向に屈曲してしまうと、下腿を構成している脛骨と腓骨を繋げている遠位脛腓靭帯(図1)に損傷が生じてし……

続きを読む

足首の外反捻挫

足関節外反捻挫の症状 運動中に生じる最も多い足首の捻挫は、足を内側に捻ってしまい生じる内反捻挫(内反捻挫のコラム参照)です。 しかし、足首を外側に捻ってしまい、三角靭帯と呼ばれる足首の内側の関節の安定性を保っている靭帯を……

続きを読む

最近チェックした製品 RECENTLY VIEWED

ミューラー エクサバンド・アクティブ コア7[45cm]

700(税抜)

体幹の安定性を向上させケガを予防

ミューラー エクサバンド・スパイラル コア6 [76cm]

900(税抜)

動作の基本となる体幹を向上させるエクササイズバンド

ヒーロー ユーティリティー

19,800(税抜)

緊急時に即応するウエストバッグ

ヒーロー スカウト

13,800(税抜)

適度な量を収納。斜めがけができ、両手が使えるトレーナー必須バッグ

ヒーロー プロタージュ

16,800(税抜)

1試合に必要な分量を収め、持ち運ぶのに便利なコンパクトサイズ