本文へ

腓骨筋へのキネシオテープの巻き方

腓骨筋にキネシオロジーテープを巻く方法を紹介します。

腓骨筋は体重を支えるための大切な筋群です。ジャンプ後の着地時の足首の底屈の動きを支えます。 捻挫の際にはこの部位を痛めることが多く、捻挫後の予防テーピングも重要です。

このテーピングには、ミューラー キネシオロジーテープ を使います。

キネシオロジーテープ 50mm(はく離紙つき)

米国ウィスコンシン大学の理学療法チームのもとでテストを重ね開発された2つの機能性を持つMueller独自のウェーブ状の糊塗工のキネシオロジーテープ

 

腓骨筋にキネシオロジーテープを巻く方法

①外側縦アーチ中央から引き上げます。

 

②くるぶしの下部を経由して垂直に引き上げます。

 

③1本目のテープに並行して2本目をスタートします。

 

④並行して引き上げます。最後の2cmは引っ張らず、貼るイメージです。

 

⑤完成。テープの装着性を確認してください。

 

〈 監修・撮影協力 〉
医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院 アスレティックトレーニング部

最近チェックした製品 RECENTLY VIEWED

サポート強度

ジャンパーズニーストラップ(リニューアル版)

1,300(税抜)

新デザイン!ジャンパーズニー、オスグッドに最適。成長期のジャンプ運動競技に。

サポート強度

LITEアンクルブレイス

2,980(税抜)

トップアスリートからビギナーまで幅広く使用できる2色の足首サポーター

ウォーターボトル シュアショット

900(税抜)

ミューラー独自のウォーターボトル

AT PROシリーズ メディキット ミュール

65,000(税抜)

沢山のツールを整頓して収納でき、背負ってよし、引っ張ってよし、いっぺんに運べる

AT PROシリーズ メディキット オムニ

60,000(税抜)

緊急時にアスレティックトレーナーが必要なツールを迅速に巧みに配備できるよう設計