本文へ

第11回 非接触性 ACL損傷&予防 Part2

非接触性 ACL( 前十字靱帯 )損傷のメカニズムや予防をシリーズでお届けします。
監修:大阪体育大学下河内先生
主に球技の選手に多い前十字靭帯損傷(ACL損傷)は、特に身体接触での怪我が大半と言われていましたが、実際には、非接触性のACL損傷が多いことが、近年わかってきました。

その要因として、膝の上部にある大腿四頭と関係していることが研究で明らかになりました。急速なストップ、急速なスピードの変化が、ACLに大きな負担を与えているレポートです。

 

 

最近チェックした製品 RECENTLY VIEWED

ストロング ストレッチ テープ JPプラス 50mm (2018年6月25日発売開始)

非伸縮・伸縮テープの両方の機能を合わせ持つた次世代のテープが誕生!

フェイスガード

9,500(税抜)

上顎、鼻、頬骨、眼窩の損傷を防ぎます

サポート強度

ラップアラウンド ニーサポート NEW

2,800(税抜)

上下のストラップでひざのねじれを制御

サポート強度

ラップアラウンド ニースタビライザー NEW

4,200(税抜)

人工的な腸脛靭帯内蔵。膝蓋骨周辺を安定させます。

サポート強度

プレシジョン ニースタビライザー NEW

3,600(税抜)

ひざのぐらつき、過度なねじれを抑える