本文へ

前十字靭帯損傷にならないためのトレーニング目標を教えます!

Mueller Sports Medicine x 大阪体育大学准教授下河内先生第14回ビデオをアップいたしました。

第14回 非接触性 ACL(前十字靭帯)損傷のメカニズムと予防Part5 ~トレーニング目標~

シリーズでお伝えしてきたACL損傷のメカニズム検証してきましたのでいよいよACL損傷にならないための秘密を教えちゃいます。スポーツにおいて急激な減速をする時に、最もACL損傷を引き起しやすい。それをドロップジャンプを例に挙げて検証してみます。

前回までのビデオはこちらから

ミューラーはスポーツを楽しむ皆さんをサポートしています!

最近チェックした製品 RECENTLY VIEWED

ストロング ストレッチ テープ JPプラス 50mm (2018年6月25日発売開始)

非伸縮・伸縮テープの両方の機能を合わせ持つた次世代のテープが誕生!

フェイスガード

9,500(税抜)

上顎、鼻、頬骨、眼窩の損傷を防ぎます

サポート強度

ラップアラウンド ニーサポート NEW

2,800(税抜)

上下のストラップでひざのねじれを制御

サポート強度

ラップアラウンド ニースタビライザー NEW

4,200(税抜)

人工的な腸脛靭帯内蔵。膝蓋骨周辺を安定させます。

サポート強度

プレシジョン ニースタビライザー NEW

3,600(税抜)

ひざのぐらつき、過度なねじれを抑える